木材加工設備(住宅用パネル製造設備)
  在来住宅用パネル  2×4住宅用パネル  プレハブ住宅用パネル
・邸別生産方式(CAD・CAMによりデータ管理及び生産)
・ロット生産方式(同一製品を量産する生産方式)
芯材(部材)ライン邸別生産ライン
芯材(部材)ライン|邸別生産ライン
制作に必要な順番に、1本ずつ、カット・穴加工・印字などを、パソコンによりデータ加工しながら加工するライン。
芯材(部材)ラインロット生産ライン
芯材(部材)ライン|ロット生産ライン
同一製品のカット・穴加工・合い欠き・溝加工等を、多数生産するライン
枠組・自動釘打ちライン
枠組み・開口穴加工・釘打ちをデータで行う枠組みライン。
データにより、自動的に位置決めされた機械に、芯材(部材)をセットして、バラ釘・連結釘・ステープル等によって、パネル枠を製作する。※仮打ちを必要とする場合もあります。
合板カットライン
自動供給された合板を、データにより巾・長さのカットをする
合板供給・貼り付け・釘打ち・プレスライン
パネルサイズにカットされた合板を、合板供給機によって吸着しボディプレスにて成型されたパネル枠上に、位置決めセットする。そして釘又はステープルにて打ち付ける。※糊付け、ステープル打ちの後、プレス圧締する場合もあります。
パネル仕上げライン
ダブルサイザー・直角二面サイザー等により正寸に仕上げるライン。※ライン上で開口部・穴加工などの加工も可能
断熱材接着ライン
芯材位置・間柱位置等の間隔をデータにより自動的にあけて断熱材をセットし合板に断熱材を接着する。
パネル立て流し艤装ライン
パネルを立てて流しながら、パネルに窓サッシ・防水シート・サイディング等の取付を行う。
その他